2011年04月17日

ゲンコウ調整の仕方

ゲンコウの高さによって、音が変わります☆

知っていますか?

ゲンコウ→弦とネックの間です。

基本的に、ゲンコウが離れていると、LOWが聞いた音☆

ゲンコウが、近いと、HIGHが聞いた音になります。

ネック調整を自分でしてみて、一番好みのゲンコウにしましょう☆

ゲンコウ調整の仕方は、

楽器の種類により様々ですが、

一般的には
rod.jpgDSCF6760s.jpg

アジャスタブルロッドと呼ばれるもの(トラスロッド、または単純にロッドとも呼ぶ)を回すことで調整します。

ロッドを回すには六角レンチを使います。

サイズは国産のギターならだいたい5mmのものでいいと思いますが、

ギターによっても違うと思うので100円ショップで六角レンチセットを買っておきましょう。

回し方は、


「ネックを上にして、時計回りさせることで(ねじを締める方向)順ぞりを直し、

反時計回りで逆ぞりを直す」と覚えてください。

ヘッドの方に付いてるモデルも回し方は一緒です。

基本的には、弦とネックの間は、2.5mmが理想といわれています。






posted by カズ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器メンテナンス方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

バンド練習強弱の付け方

バンド練習において、強弱をあまり話しあわないバンドが沢山いますが☆

もったいないですよ☆

少し話をするだけで、聞こえ方が大きくかわってきます。

なので、強弱の話し合いはして下さい☆

サビ前で音量を少し落としてから

サビをガッツリ弾くなど☆

メンバーで話し合って決めましょう☆

基本的に強弱の付け方は、

サビを強く、Aメロ5割Bメロ、下げたり、上げたりといった感じです。

たまにずっと勢いよく弾くというのもありですが☆

サビは、強く

Aメロは5割

Bメロは、弱く弾いて徐々に上げるが基本となります。

posted by カズ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | バンド練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

バンド初心者メカニカルフレーズ練習法

バンド初心者ギターリストやべーシストの為のウンシの練習方法です☆

メカニカルフレーズ


6弦1フレット〜4フレットを使います☆

例、6弦1フレット人差指で弾く………6、1、人で表していきますね☆

☆6,1、人→6,2、中→6、3、薬→6、4、小

これを何回も繰り返して下さい☆もちろんメトロノームに合わして☆

次に

☆6.1、人→6,3、薬→6、2、中→6、4、小を

繰り返して下さい

☆6.1、人→6.4、小→6.2.中→6.3.薬を繰り返して下さい☆

これを繰り返す事により指がスムーズに動くし☆

指の力がUPします☆

頑張って練習して下さい☆

posted by カズ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 弦楽器、個人練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネックの反りの直し方

ネックの調整の仕方です。

ネックは、すぐに曲がったり、反ったりするので、自分で、出来るようになるのがベストです☆

では、はじめに☆

ネックの調整は必ず弦を張った状態で行います。

弦を張らない状態でネックの反りを直してしまうと、

弦を張った時にまっすぐな状態から弓なりに反ってしまうからです。
rod.jpgDSCF6760s.jpg

具体的にはアジャスタブルロッドと呼ばれるものを回すことで調整します。

ネックの中に入ってある、芯みたいなものですね☆

ロッドを回すには六角レンチを使います。


重要☆「ネックを上にして、時計回りさせることで順ぞりを直し、反時計回りで逆ぞりを直す」

と覚えてください。

ロッドをまわすのは一日に45度〜90度までにして下さい。

それ以上多く回しすぎるとネックの形が急激に変わってしまったり折れてしまうこともあるので、危険です。

弦楽器は木材ですから、急激な変化には弱い。

それにロッドをいっぱいに回してしまってそれ以上調整できなくなってしまう事もあります。

あくまで調整の範囲内であることを覚えておいてください。

基本的には、弦とネックの間の長さ

2.5mmが標準と言われています。
posted by カズ at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器メンテナンス方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

楽器保管の仕方

img01.jpgバンド初心者の為の教室☆


楽器は、デリケートなものです。いや、生き物ですね☆本当に☆

なので、弱い部分が、あります。

湿気に弱いんです。

楽器の近くには、乾燥材なんかを、買っておいてあげましょう☆

湿気が凄い部屋なんかに置いてるとネックが弱りダメになるんで☆

必ず、乾燥材を近くに置き保管しましょう☆




posted by カズ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器メンテナンス方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。