2011年03月25日

バンド初心者練習方法1ストレッチ

ストレッチ☆えーストレッチてー☆思いますよね☆

意外と重要なんですよ☆

ボーカルであればストレッチをする事によって声が出しやすくなります。

弦楽器でも、ストレッチする事で、指の開きや、リズムの取り方が柔らかくなります。

ストレッチ方法は、パートによって違います。

ボーカルは、肩の力を抜くストレッチ☆

弦楽器は、指を広げたりほぐすストレッチ☆

ドラムは、下半身を意識したストレッチ☆

しして音楽する上で、リズムは、かなり大切です、

リズムは、腰で取ります。

なので、腰も軽くストレッチをしましょう☆
posted by カズ at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | バンド練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンド練習方法2、リズム重要

聞いてて気持ちが良いバンド☆

リズムが合っているんですね☆

メンバーの☆

なので、メトローノームにあわせながら練習をする事は、重要です。

メンバーみんなで同じメトロノームを使いましょう☆

なぜ同じ?

メーカーによって多少リズムのずれがあります☆

なので出来れば同じのが良いです。

メトロノームは、基本なんでも良いので、安いのでもかまいません☆

しかし、もっと精度の良いメトロノームを使うのも有りです。

BOSSの価格1万くらいのメトロノームであれば、

リズムパターン、ウラ機能

たくさん機能が入っているので、練習は、しやすいと思います。

曲を決め、テンポを決める☆

そのテンポで毎日練習☆

確実に1体感は、出てきますよ☆
posted by カズ at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | バンド練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンド初心者練習方法(リズムの取り方)

バンド初心者の為の練習方法です。リズムの取り方です。リズムの取り方は、メンバーで合わせましょう。
とりあえず、足でリズムを取るとします。足でもカカトでとるのか?つま先で取るのか?
基本、カカトは、テンポがゆっくりな時の取り方です。
何故か?テンポがゆっくりな曲は、リズムがほんのちょっと後ろの方が良く聞こえるからです。
カカトで取ると少し後ろのめりで演奏できます。それが良いグルーブを出してくれます。早い曲は、反対です。
でも、音楽に決まりは、ないので、曲によってリズムの取り方は、色々変えてみましょう☆
ドラムが通常テンポでベースがちょっと後で弾く方が良いグルーブをだす事もありますので☆
色々試行錯誤して、自分達が納得のいく、とり方を探してください☆
posted by カズ at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | バンド練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンド練習(音出し)

バンド練習音出し編です☆

昔、高校生の時ですね☆

ギターの音がむっちゃでかくて☆

他聞こえない☆そんな、ことが良くありました(笑)

バンド練習で音のボリュームどのパートに合わせればよいか?

基本は、ボーカールに歌ってもらい、アーと言って1番大きく出た音に合わせます。

または、ドラムに通常の力で叩いて貰い、ドラムの音に合わせます☆

でかすぎると、他の音が聞こえない為、なるべく小さい音の方が練習には、なりますよ☆
posted by カズ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | バンド練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。