2011年03月25日

バンド初心者楽器選びのコツ

バンド初心者の為の楽器の選び方です。

まず最初に、やりたいジャンルを選ぶ☆

ロック、ポップス、テクノ、色々ありますね☆

そのジャンルでどんな、楽器が良く使われているのか調べる。(ここで言いたいのは、ギターであれば、ストラトなのか、レスポールなのか、テレキャスなのか?

など、

ベースであれば、ジャズベなのか、プレベなのか、などです。

他にも種類は、あるからね☆良く調べて☆)

それが決まれば、次は、作られた国☆

基本的には、USA→音の伸びが良い、サウンドに深みがある☆

ジャパン→作りがしっかりしている☆丁寧に作られている☆など

次は、楽器を弾きに行く☆

ボディの鳴り(ボディーの響きですね)弾いてみて振動が体に伝わるものが良い☆

これ、難しいけど、同じメーカー、同じ品番でも、微妙に鳴りは、違うんです。

なので、弾いて、これだ☆と思うものを選んで☆

あとは、恋人を選ぶ感じで、コレだって直感ですね☆

予算は、あると思いますが、最低でも6万以上のものは、選んだ方が良いと思います。

6〜15万くらいのものが、癖もなく、ある程度の音が出て、使いやすいと思うので☆

運命の楽器に出会って下さいね☆


ラベル:バンド初心者
posted by カズ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器選びのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弦楽器ピックの選び方

バンド初心者の為のピックの選び方を紹介いたします。

基本弾きやすいピックで良いと思います。
しかし、ピックの固さ、大きさによって、音の出は、かわります。

参考までに☆

おにぎり型
・単音は比較的太い音がする
・速い単音フレーズを弾くのには向かない
・ストローク向き

ティアドロップ型

・最もポピュラーな形
・カッティング、単音ともに弾きやすい

3, 小型三角形型
・厚手のものが多く、速弾きに向いている
・音は堅め

4, 大型三角形型
・主にベーシストが使うことが多い
・ギターには大きすぎるので、細かいプレイには向かない

5, ホームベース型
・小型三角形型と同じように、速弾きに向いている
・特徴も小型三角形型と似ている
・厚さはいろいろあるので、音色が選べる


☆固さ(厚さ)による違い
ハード&EXハード
ロック系のギタリストが使うことが多い。音は堅めでアタックが強い。
音の立ち上がりも良いので、キレのある演奏ができる。ピックがブレないので速弾きにも向いている。

ミディアム
適度にピックが反るので、16ビートのカッティングなどにスムースなストロークができる。
単音を弾いた時も、微妙なピックの反りがイイ味を出してくれる。
単音、カッティングともに使いやすい固さだろう。手元で最も多彩な音色をコントロールすることができる。
やわらかさ、材質によっても音が違うので、奥深いピックと言える。じっくり選ぼう。
ソフト(THIN)
代表的な使い方としては、アコースティック・ギターのストロークなどで使われることが多い。
アタックが弱く、やわらかい音がする、ジャズ・ギタリストが単音を弾くのに用いることがある。
ペタペタ、鳴る。
こんな感じです☆




ラベル:バンド初心者
posted by カズ at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器選びのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。